キャプション

キャプション

キャプション

日本庭園・歴史遺産研究センター

歴史遺産研究部門 (文化遺産研究領域/文化財保存修復領域)

歴史遺産学科の教員を中心に構成されています。 大学院・大学教育ともリンクさせ、部門で開講する専門的な講座や研究会に参加するだけでなく、第一線の研究者や技術者と共に調査・研究・修復活動に直接かかわることにより、各領域の幅広い知識と技術を体得する機会を与えている。 学術的活動のみならず実践、普及を眼目とする活動を広く展開するため、委託事業を積極的に受け入れています。

【加入団体】
  • 全国歴史資料保存利用機関連絡協議会
  • NPO法人 文化財保存支援機構(賛助会員)
  • 近畿民具学会(団体会員・事務局)
【活動実績】
  • 京都府「平成17年度神護寺聖教調査事業」受託(継続事業として)
  • 国立民族学博物館「標本資料の材質・状態調査」
  • 伊丹教会発行週報の修復処置事業
  • 社寺文化財のIPM(Integrated Pest Management)支援事業
  • 虎屋所蔵襖資料委託調査
  • 近畿民具学会創立30周年記念公開シンポジウム
  • 歴史遺産学公開セミナー(全4回)
  • 芸術文化情報センター所蔵浮世絵資料 保全処置業務
  • 上野家寄託資料の整理作業
  • 「紙資料修復のための基礎技術」研修
  • 扁額資料の赤外線写真撮影ならびに翻刻作業
  • 妹尾天然筆「日蓮一代記」保存修理(2006~2007年度)
  • 寺田家所蔵襖・屏風の委託調査
  • 寶鏡寺門跡百々御所文庫所蔵襖の委託調査

COPYRIGHT(C) KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN, DEPARTMENT OF HISTORICAL HERITAGE